FXの売買単仕組み

FXの売買単はどのような仕組みになっているのしょうか?

外国為替銀行で外貨の両替を利用した場合、例えば円でドルを購入するとすれば、その時の為替レートで両替可能なドルを購入できるわけですから、レートが1ドル80円でしたら8000円プラス手数料で100ドル購入する、又は10万円で両替できる分のドルを購入するなど自由な単位での購入が可能です。

それに対してFX取引では両替のような感覚で1万円、10万円分という単位で自由にドルを購入することができません。

といいますのは最低1,000ドル以上、ですとか10,000ドル以上と言うようにFX取引事業者毎に売買における最低通貨単位が決まっているのです。

参照: KaigaiBestFX.com

10,000ドルが最低通貨単位のFX取引事業者では、レバレッジを利用しなければ現在のルートで換算すると少なくとも80万円以上の資金が必要となります。

大きなレバレッジで利用すればリスクもまた大きくなりますから、小さいリスクで取引をしたいと考える場合、必要な資金は必然的に大きくなるということです。海外企業のアイフォレックスでは最大で400倍までのレバレッジがつきます。

先ほど触れたように最低売買単位は取引業者により違いがあるわけですが、その単位は1000通貨単位・1万通貨単位・10万通貨単位のいずれかとなっています。

FXの売買単位で分かりにくいのは、その売買単位である「1ロット」が業者ごとに異なる点です。



1ロットが1万通貨単位の業者の場合、各通貨を購入する際には最低でも1ロット1万ドル・1ロット1万ユーロ・1ロット1万ポンドからということになります。

このため取引金額(日本円)=各通貨の為替レート×ロット数×最低売買単位(通貨単位)の流れの中で、最低売買単位の部分の認識を誤ると、思いがけず高額な取引となることもあるので注意が必要でしょう。

注文数量は通貨単位の「倍数」ですから、1000通貨単位の場合なら1000・2000・3000・・・となります。

したがってここでのFXランキングでは円に対する外国通貨の為替レートに大きな影響を受けることになり、例えばレートの1円の変動で1000通貨単位では1000円・1万通貨単位では1万円・10万通貨単位では実に10万円もの損益が発生します。

一日に1円以上為替レートが動くことは決して珍しいことではありませんので、http://www.binaryoptionjp.comによれば、初心者は10万通貨単位のFX取引業者ではなく、まずは1万通貨単位の取引から始めることをおすすめします。

ですが中には日本円に対するレートが安い場合は、最低売買単価を10万通貨単位以上としている業者もあります。

このように始めての方に特に判りやすいようにまずは日本円に換算した時の金額を常に頭に置きつつ、取引することが肝心なのです。

一般的にスワップポイントの表示は1万通貨単位の数値になっていますが、仮にスワップの高い外貨であっても、まずは通貨の為替レートを確認し、実質利回りを計算しておきましょう。



 

サイト管理人

管理人: 斉藤